手賀沼生物図鑑

手賀沼及び周辺の生き物一覧

 コイ (コイ科)

全長50cm~ 国内移入種 / 国外移入種
世界の侵略的外来種100

今見られる個体の多くは 「ヤマト」 といわれる
体高が高い中国から移入したものが由来である
とされています。ヒゲは2対 (4本) あります。
昔は食用に共するため大切に扱われ、 手賀沼で
も稚魚を放流していました。

 

平成15年、霞ヶ浦でコイヘルペスが大発生後、
千葉県では移動が制限されています。


四つ池産 ヤマトゴイ


拡大図 2対(片側2本)のひげ


四つ池産 野ゴイとヤマトゴイの交雑種


拡大図

 ニゴイ (コイ科)

全長50cm

コイに似ているためこの名前がつきました。似
鯉( にごい )といっても、コイとは背びれの形
や顔つき、 ヒゲの本数(1対2本)が違います。
川を好むとされていますが、コイと同じく水の
汚れに強く手賀沼での確認も珍しくありませ
ん。


写真提供:左村 義弘氏


写真提供:長妻 輝夫氏


拡大図  写真提供:長妻 輝夫氏

 モツゴ (コイ科)

全長8cm  千:D一般保護生物

口が小さくクチボソとも呼ばれています。 手賀
沼の小魚のなかでは、最も数が多いと思われ、
雑魚 (ざこ) の代表格です。 コイの仲間として
はめずらしく、 親が卵を守ります。 釣り人に
は、エサ取りとして嫌われますが、つくだ煮用
として重宝され放流をしていましたが、東日本
大震災後は放流が行われていません。


上 ♂ 黒い縦帯が明瞭でない個体
下 ♀ 抱卵した個体


繁殖期 追星が出た♂


顔がタモロコに比べると尖がっている。
写真提供:百瀬 喬氏


カラスガイ貝殻(二枚貝)に産み着けられたモツゴの卵

 ゲンゴロウブナ (コイ科)

全長30~40㎝  国内移入種

ヘラブナとも呼ばれています。 フナ類では体高
が最も高く、最も大きく成長します。 琵琶湖水
系原産です。
主に植物プランクトンを食べます。手賀沼では、
釣りの対象魚として人気があり、東日本大震
災後も放流が行われています。


写真の魚は四つ池産 40㎝以上の特大サイズ

 ギンブナ (コイ科)

全長25cm~

マブナとも呼ばれます。 水の汚れに強く、コイ
と同様に手賀沼では数多く生息しています。 釣
りの対象魚として人気があります。
ギンブナはほとんどがメスで、他の魚の精子の
刺激で卵が孵( かえ )る珍しい魚です。
東日本大震災後、手賀沼では放流が行われてい
ません。