研究会紹介

 

手賀沼水生生物研究会の紹介


    発足年度 2007年11月1日

    会の目的

    手賀沼及びその周辺地域に生息する水生生物及びその育成・生息地保全することを目的とする。

    会の事業

    (1) 水生生物及びその生育・生息地の調査研究
    (2) 水生生物及びその生育・生息地の保全に関する普及啓発活動
    (3) 水生生物及びその生育・生息地の保全に関する技術開発
    (4) 全各号に付帯又は関連する事業

手賀沼水生生物研究会は、手賀沼で魚や鳥の調査をしたり、親子自然観察会を開くなど、楽しみながら手賀沼の水辺の生きものの保全・復元にかかわり、 少しでも「生きものの豊かな手賀沼」を実現するお手伝いをしたい、と考えている団体です。

活動の中心は3つあります。


生きもの調査と親子自然観察会と希少生物保全活動です。

手賀沼の環境と生きものの現状を調べ、調べたことをもとに「望ましい手賀沼の姿」を私たちなりに描き、 地域住人のみなさんと共有すること。 そして、必要に応じ、いろいろな機関と協力して、「望ましい手賀沼の姿」 を実現する試みを、できる範囲で行なっていくこと。 ただし、楽しみながら、味わいながら、知ることを喜びながら! これが手賀沼水生生物研究会のめざすところであり、そのような会でありたいと考えています。 「夢は大きく」という感じですが、多くの皆さまに会の活動を知っていただき、多くのものを共有していただければ、 と考えています。


手賀沼水生生物研究会は、こんな集まりです。

きっかけはブラックバス駆除でした ……>・))) ><<  

手賀沼水生生物研究会は、手賀沼で魚や鳥の調査をしたり、親子自然観察会を開くなど、楽しみながら手賀沼の水辺の生きものの保全・復元にかかわり、少しでも「生きものの豊かな手賀沼」 を実現するお手伝いをしたい、と考えている団体です。  会として発足したのは2007年11月ですが、きっかけとなったのはその半年前、2007年4月半ば~6月半ばにかけて、手賀沼で行なった 外来魚ブラックバスの駆除でした。  手賀沼は利根川の水を引き込む「北千葉導水事業」によって、27年間も続いた「水質汚濁日本ナンバーワン」の地位を2002年に返上しました。 つまり、水の透明度は年々高くなっていると考えられるわけですが、たまたま2006年秋に手賀沼の用水路で「親子自然観察会」を開催した代表の鈴木盛智が、大津川にかかるヒドリ橋の上から ブラックバスの群れを確認しました。

このとき同時に、モツゴやスジエビなどのいわゆる「雑魚」が、手賀沼に多数いることを知った鈴木は、「水が澄みエサが豊富なら、バスは急激に増えるに違いない」と心配し、 NPO柏市民活動センターに相談したのです。これに応え、柏市民活動センターでは、手賀沼沿いの柏市や我孫子市で環境保全活動に取り組んでいるみなさんに声をかけてくれましたが、 そのとき集まったみなさんから支持をいただき、07年度のブラックバス駆除活動がスタートしたのです。


大津川河口で人工産卵床点検作業


伊豆沼式人工産卵床の組み立て作業

手賀沼漁協組合長深山氏の挨拶


生きもの豊かな手賀沼に驚嘆!  ……>・))) ><<

これは人工的な構造物を水中に沈めてバスの産卵をうながす、「伊豆沼式人工産卵床」を使っての駆除活動でした。残念ながら、ブラックバスの産卵は1回しか確認できませんでしたが、

伊豆沼式人工産卵床にオオクチバスが産卵

週2回の産卵確認に沼に通い詰めた参加者は、一様にこの時期の手賀沼の「命の豊かさ」に驚きました。 バスに限らず、春は水辺に棲む多くの生きものたちの産卵期に当たります。 週2回の見回りは大変でしたが、毎回見られる生き物が変わり、多くの生きものの卵や稚魚、幼生、ヒナなどとも出会えます。 それは、「あんな汚い水に生きものなんかいるの?」 といまだに言われていまうことの多い手賀沼が、じつは生きものを沸き立つほどたくさん養う、豊饒の湖であることを確認する作業でもありました。 バス駆除活動終了後、活動の中心は調査にうつりました。

手賀沼親水広場前での生き物調査

07年のバス駆除のとき、湖底の調査が不十分だったことに不安を感じた鈴木が、2ヶ月に一度程度の「湖底&生きもの調査」を提案し、これが実行されたためです。 すると、この調査でも、すでにごく少数になったと考えられていた大型の二枚貝(ドブガイ類)を多数確認できたり、いまだ生体が再発見されていない大型のカラスガイ の貝殻を見つけたり、発見と感激がたくさんありました。

手賀沼で生きたドブガイ類やカラスガイ貝殻を発見

手賀沼ではめったに見られないタナゴも発見

命の豊かさを感じる5月下旬 写真はスジエビ
人工産卵床に群体を作るマルサヤワムシ

人工産卵床/モンドリを利用する生き物・場所別グラフ

そして、こうした活動を通じ、参加者は手賀沼における定期的な生きもの調査と、その結果を広く知らせることの必要性を、強く感じるようになったのです。

活動の中心は生きもの調査と親子自然観察会です ……>・))) ><<

そんなことから、「魚を中心とした生きものの調査や保全に取り組む団体を、手賀沼につくっては?」との提案をいただき、2007年11月、「手賀沼水生生物研究会」が発足しました。 会員の多くは、柏市民活動センターの呼びかけで集まり、2ヶ月間のバス駆除にもたゆまずご参加くださったみなさんです。その過程で、美しい手賀沼を愛する市民の連合会(通称・美手連)や、 手賀沼の環境保全活動に取り組むほかの団体にも、多大な協力をいただきました。 できたばかりの会ですが、行いたい活動は大きく4つあります。 湖底と生き物調査、自然観察会、外来生物の調査や駆除、そして、学習会です。

大津川河口用水路での親子自然観察会

手賀沼親水広場前で生き物調査
写真提供:左村 義弘氏

第1回手賀沼調査 沼の中でも砂地が広がり歩けるところもある

手賀沼の環境と生きものの現状をコツコツ調べ、調べたことをもとに「望ましい手賀沼の姿」を私たちなりに描き、そのいずれについても地域住人のみなさんにお知らせし、また、共有すること。 そして、必要に応じ、いろいろな機関と協力して、「望ましい手賀沼の姿」を実現していくためにできることを、できる範囲で行なっていくこと。ただし、楽しみながら、味わいながら、知ること を喜びながら! ――というのが、手賀沼水生生物研究会のめざすところであり、そのような会でありたいと考えています。「夢は大きく」という感じの目標ですが、多くの皆さまに会の活動を知って いただき、活動の過程で得たものを共有していただければ、と考えています。

堂本暁子・千葉県知事と面談しました。

    「生物多様性基本法が成立し、種のデータ集めはこれから国の課題、世界の課題です。ぜひ協力してください」
千葉県庁に堂本知事を表敬訪問

2008年6月6日(金)、堂本暁子・千葉県知事との面談のため、千葉県庁を訪ねました。今回の面談は、全国ブラックバス防除市民ネットワーク事務局長・小林光さんのご高配により実現したもので、 手賀沼水生生物研究会が発足したご挨拶をかね、手賀沼の水辺の生きものの保全と、その調査データの蓄積についてお願いをするのが、大きな目的でした。そのため、美しい手賀沼を愛する市民の連合会 (美手連)会長の田口迪雄さん、我孫子野鳥を守る会会長&谷津田ミュージアムの会会長の木村稔さん、小林光さん(前出)にもご同行いただき、手賀沼水生生物研究会代表の鈴木盛智、副代表の松本勝英、 事務局の半沢裕子が、知事室にうかがいました。知事室では、小林さんより全員の紹介が行われ、田口さんより、「美手連にこういう会が参加してくれたので、今後ともよろしくお願いしたい」 とのご挨拶をいただき、また、木村さんからも、「谷津田ミュージアムの会でも、谷津田に多自然型水路を復元した。しかし、魚道が途切れているので、魚が上がらない。昨年、宮城県より専門家に調査に 来てもらい、今年度は予算もついたので、魚道をつくり、手賀沼との有機的なつながりを復活させたい」とのお話をいただきました。

伊豆沼周辺で水田魚道を見学

鈴木、松本、半沢からは、当会のバス駆除活動、および定例調査について、知事にお話ししましたが、知事は強い関心をもって、たいへん熱心に耳を傾けてくださり、「どのくらいのバス駆除効果があったのか」、 「どのような方法でバス駆除をおこなっているのか」などのご質問もいただきました。20分の面談時間はあっというまに過ぎてしまいましたが、最後に知事より、「この4月、千葉県に生物多様性センターが発足しました。 本年度は千葉県中央博物館など、県内部で収集した情報の整理に活動が限定されますが、公的機関に集められる情報は、ほんの少しにすぎません。 (知事の最新著作『温暖化と生物多様性』の共編者である東大名誉教授の)岩槻邦夫さんも、『生きものの調査などを行っている市民はいわば、ノン・プロフェッショナル・ナチュラリスト。へたな専門家より、 よほど専門性が高い』とおっしゃっていますが、そうした皆さんのご協力により、たくさんのデータを集めることができるのだと思います。


5月28日、国の法律(「生物多様性基本法」)がやっと成立しました。これにより、国の生物多様性センターでも情報収集がはじまります。それは、世界で50億種以上の生きものデータを集積する国際的な 計画に連動するものです。県による情報収集は、いわばその末端にあたります。手賀沼水生生物研究会では、週2回の活動を行なっているとのことですが、そうした活動によりいろいろな種が確認でき、手賀沼の生きもの について、だんだんわかってくるといいと思います。どうぞ今後ともご協力ください」とのお話をいただきました。そして、県の担当課の皆さんにご紹介をいただき、面談を終了しました。手賀水研で行っている調査 にも大きな目当てができたような気がした、知事のお話でした。■


伊豆沼式人工産卵床の回収作業
写真提供:鈴木 健弘氏

生物多様性基本法も成立しました。……>・))) ><<

折しも、千葉県では2008年3月に「生物多様性ちば県戦略」を策定し、「生物多様性センター」も4月にオープンしたとのこと。

ここは行政、市民にかかわらず、生きもの情報を集める拠点となり、それは日本の生きもの情報、ひいては世界の生きもの情報の集積 につながっていくのだそうです。また、今年5月末には、「生物多様性基本法」も成立しました。生きものの保全や復元の意味は、今後ますます大きくなってくることと考えられます。 けれども、そうした保全や復元も、そもそもは「今、そこに生きている生き物」をひとつひとつ知るところからはじまります。そうした地道で楽しい 活動に長くゆっくりと、できれば効果的に、かかわっていければ――と、私たちは強く願っています。

伊豆沼式人工産卵床の回収作業
写真提供:鈴木 健弘氏

■ 文責:半沢 裕子