スジエビ (テナガエビ科)

体長3~4cm

テナガエビ科

現在手賀沼で一番多く生息しているエビの仲間
になります。 手賀沼の水質が悪化していた時期
には、少なかったようです。
見分けるポイントは、額角上縁 ( 眉間の角 )
には3~7本のとげがあり、 胸部に逆ハの字
の模様があります。


拡大図 額角上縁 ( 眉間の角 ) には5本のとげ


上から見たときの形態


5月下旬、手賀沼で浮上したばかりのスジエビ

 スジエビ (テナガエビ科)」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です