スナヤツメ (ヤツメウナギ科)

全長20cm

国:絶滅危惧Ⅱ類(VU)
千:A 最重要保護生物

水の澄んだ流れの緩やかな浅い清流に生息しま
す。手賀沼流域でも、まだ見ることが出来ます。
外見上はウナギに似ていますが、口が丸い吸盤
状で顎はありません。
原始的な形態を持ち、生きた化石とも言われて
いて、貴重な存在です。泥の中に潜って有機物
やけい藻類を食べて成長します。


写真提供:萩原 富治氏


拡大図

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です