タイリクバラタナゴ (コイ科)(タナゴの仲間たち)

体長6~8cm    国外移入種

国:重点対策外来種

オカメタナゴとも呼ばれています。 中国大陸原
産で、戦時中ソウギョにまじり関東地方に移入さ
れ、 その後全国に広がりました。 オスの婚姻色
は色鮮やかです。 タイリクバラタナゴは、繁殖
期間が長いこともあり、産卵母体の二枚貝をめ
ぐる在来タナゴ類との競合では強いと言われて
いて生存に大きな影響を与えています。
繁殖期は3~10月。

生態系被害防止外来種リストについて


成魚では腹ビレ前縁に白い線がある ♂
写真提供:百瀬 喬氏


口の周りに追星が出た色鮮やかな繁殖期の♂
写真提供:百瀬 喬氏

産卵管が伸びている♀  写真提供:百瀬 喬氏


背びれに黒点があるタナゴ類の未成魚は、他に、
カゼトゲタナゴ、オオタナゴ、カネヒラ、
セボシタビラがいるため、これが未成魚の見分
けのポイントにはなりません。
写真提供:長妻 輝夫氏

日本にいるコイ科のタナゴの仲間は18種類。
定着した外来種(亜種)を含め、3属12種9亜種。

タナゴの仲間は大きく分けて3つに分類されてい
ます。バラタナゴ属には
タイリクバラタナゴ、ニッポンバラタナゴ、
スイゲンゼニタナゴ、カゼトゲタナゴ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です