テナガエビ (テナガエビ科)

体長8~9cm

テナガエビ科

梅雨の時期になると産卵のため岸辺に移動して
きますが、通常は水深の深い場所に暮らします。
スジエビとの見分けのポイントはこの長いはさ
みの他に、 体色は成体では 透明色のある暗
褐色で、 額角上縁には10~14本のとげが
あり、 胸部にm字模様があります。


手賀沼で採取した個体
写真提供:百瀬 喬氏


拡大図 額角上縁に12本のとげ
写真提供:百瀬 喬氏


手賀沼で採取した個体 とげの本数に違いがある個体
写真提供:半沢 裕子氏


拡大図 額角上縁に9本のとげ   
写真提供:半沢 裕子氏

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です