2017エンジョイ手賀沼 追加資料をアップ

5月14日(日) エンジョイ手賀沼 2017

場所:手賀沼親水広場
時間:9:00~15:30

エンジョイ手賀沼 2017 に手賀沼水生生物研究会が出店しました。

見てみよう! 触ってみよう!! 手賀沼の魚たち

手賀沼親水広場 アクセス

手賀沼水生生物研究会 ブース 16番

手賀沼水生生物研究会ブースはすべて無料!

開催日当日は曇り空で、あいにくの空模様でしたが、大勢の入場者がありました。
今年は事前に準備した雑魚などの小魚が少ないため、タッチングプールは
竿を使ったザリガニ釣りを行いました。(エサはスルメイカ)
取れてから数日が経ち、ザリガニの活性は低かったのに、多くの参加者に楽しんでもらうことが出来ました。


ザリガニ釣に夢中  写真提供:半沢裕子氏


千葉県生物多様性センターが発行するザリガニ啓発ポスター

手水研では、ザリガニの生体系に及ぼす悪影響についても広く啓発するよう努めています。

今回展示した生き物は (多い順)
モツゴ、スジエビ、アメリカザリガニ、ツチフキ、ヌマチチブ、タイリクバラタナゴ、テナガエビ、
タニシ、ヒメタニシ、タイワンシジミ、ギンブナ、ヨシノボリ、カムルチー、ドブガイ、カラスガイ貝殻


2017エンジョイ手賀沼 今年も出店しました。 写真提供:半沢裕子氏


ボランティア君、魚の説明をする。 写真提供:半沢裕子氏


大型のヌマチチブ


ヌマチチブを正面から見たところ
精悍な顔つきが印象的


最近手賀沼で増えてきているツチフキ  写真提供:半沢裕子氏


エンジョイ手賀沼開催日前日、雨が降る中、手賀沼に小型定置網を仕掛けました。

前日仕掛けた小型定置網には大型のカムルチーも取れ、午後から展示水槽で見てもらうことが出来ました。


写真提供:半沢裕子氏


肉食魚特有の下あごが大きい口
かまれた際に 「 雷に打たれた 」 ように痛いことから 「 ライギョ 」とも呼ばれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です