2021年10月3日(日) 手賀沼探検隊

●手賀沼水辺探検~漁師さんの網の中を見せてもらう

日時/2021年10月3日(日) 13:00~15:00
場所/手賀沼フィッシングセンター桟橋前

参加者数  28名 (大人 14名、子ども 14名)
この人数を2班に分け観察会を実施しました。

環境レンジャースタッフ  7名
手水研スタッフ10名 うち講師2名
流域フォーラム 1名
講師  3名
合計 48名

当日確認できた生き物
【全25種】
●魚類 21種
在来種 モツゴ、ギンブナ、ニゴイ、ウグイ、メダカ、
ヌマチチブ、ウナギ
国内移入種 タモロコ、ナマズ、ツチフキ、ワタカ、ハス、
ゲンゴロウブナ(ヘラブナ)、ゴイ(ニシキゴイ)、
国外移入種 タイリクバラタナゴ、カムルチー(ライギョ)、
特定外来生物 オオクチバス、ブルーギル、
チャネルキャットフィッシュ(アメリカナマズ)、

コウライギギ、
●甲殻類 2種
スジエビ、テナガエビ、
●爬虫類 2種
スッポン、ミシシッピアカミミガメ(ミドリガメ)、

写真提供:川瀬さん、為貝さん、半沢さん、鈴木盛


秋空の快晴の手賀沼


1班の観察会会場


2班の観察会会場 新型コロナ対策で2机に分かれて開催



共催の環境レンジャー、手賀沼水生生物研究会からの挨拶


秋空の快晴の中、漁師の深山さんからの挨拶
台風16号の影響を考慮して事前に手賀沼の水位を下げた事で
魚類の移動が活発になり、普段見ることもできない魚も定置網
に入っていたと説明がありました。


左から講師の鈴木さん、諸澤さん


諸澤講師によるモンドリの説明


鈴木講師によるモンドリの構造の説明


子供たちに各自モンドリを支給


モンドリを沼に入れてみる


仕掛けていた定置網を回収


桟橋へ


捕れた生き物たち


上スッポン 下オオクチバス


講師による生き物の仕分け


オオクチバスの口を恐るおそる触ってみる


上 ナマズ(二ホンナマズ) 下 チャネルキャットフィッシュ(アメリカナマズ)


左からカムルチー(ライギョ)、オオクチバス、ワタカ


1班鈴木講師からの生き物の説明


2班諸澤講師からの生き物の説明


テナガエビを近くで観察


特定外来生物のコウライギギ 一時期より少なくなっている印象


手賀沼では珍しいウグイも取れた


ザリガニに似せたプラスチックゴミのワーム


大型のウナギ


ウナギをつかんでみる


ニシキゴイが2匹取れた


手賀沼では非常に珍しいナマズが取れた


ナマズの顔


大型のスッポン 鼻の形が特徴的

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です